良いだしが良い料理を作る~レベルアップクッキング~

作業員

意外と種類が多いお茶

お茶

日本茶は日常で誰にもなじみのある健康的な飲み物です。同じ茶葉でも、製法で味や色が変わったり、成分が違ったりします。日本茶にはリラックス効果だけでなく、驚くべきさまざまな効能がありますが、なかでも深蒸し煎茶が一番体内に吸収されやすいといわれています。日本茶で手軽に健康習慣を続けましょう。

Read More

お料理を持ち寄るサービス

ケータリング

お料理のケータリングが一般的であり、業者によってはその場でお料理を作るなどのパフォーマンスや空間までも意識できるサービスまでが提供されるようになり、法人のみならず、個人などの様々な方々から利用されています。

Read More

料理のシルエット

深みのある味わいを楽しめるようになります。だしで美味しい料理を実践してみよう。対応しているメニューも豊富にあります。

日本では

出汁

だしとは、一般的にカツオ節や昆布を煮出した汁の事を言います。その他にも椎茸や野菜を煮出したものや、ニボシや魚のアラを煮出したものもあります。それは日本料理にとって、とても重要な存在で、味覚の大切な部分を左右する香りや旨味を与えてくれるものとなっています。また同じだしでも、その煮出し方の違いで名前や用途も違ってきます。例えば、カツオ節と昆布を上品に煮出し、透き通った色味で、雑味がないものを一番だしとよび、お吸い物に用いられています。この一番だしで使用した昆布を使って、カツオ節を追加し、強火で煮出したものを二番だしと呼び、汁物に用いられています。このほかにも塩が加えられたものや、醤油とみりんで味付けされた八方だしなどもありますが、こちらは料理の下味を付けるのに用いられています。

世界では

世界三大料理の一つ、中華料理ではどうでしょうか。こちらは特に動物性のものが多く、鶏肉やその骨、豚肉や中国ハム、貝柱やエビ等から取ることが多いようです。韓国料理も中華料理に似ていて、鶏肉や牛肉、貝等からとることが多いです。西洋料理では、様々な肉や魚介、野菜や香草等からだしを取ります。動物性のものをフォンと呼び、植物性のものをブイヨンと呼びます。それぞれに用途が異なるのも特徴です。だしの世界も時代とともに進化しています。昔のように長い時間をかけて煮出さなくても、短時間で風味豊かなものを作る事ができます。現在では、濃縮された液体を水で薄めて使う液体だしや、水分を蒸発させて粉末状にした粉末だしなど、便利なものも数多くあります。通販サイトでの購入も出来るので、なくなったときでもすぐに購入することが可能です。

業態別の食材の購入方法

肉

業務用食材業者を選ぶ時には、価格や品質以外にも加工しやすい商品の品揃えも重視するべきです。人気のある業者は品揃えが豊富な点が魅力的であり、個人経営の店舗向けに小ロットの注文にも対応している点が特徴的です。

Read More