良いだしが良い料理を作る~レベルアップクッキング~

配達

意外と種類が多いお茶

よく知られているお茶

お茶

日本茶には、普段はあまりなじみがないものも含め、たくさんの種類があります。一般的によく飲まれているのは、煎茶、深蒸し煎茶、ほうじ茶あたりでしょうか。それぞれ製法が違い、特徴を知ることで美味しくいただくことができます。煎茶は私たちが飲む緑茶の中でも最もポピュラーです。煎茶は緑茶茶葉の新芽を蒸して揉みながら乾燥させたもので、新鮮な爽快感があります。深蒸し煎茶は、煎茶の工程で蒸をを2〜3倍長くしたもので、長く蒸すことで渋みが抑えられ甘みが増し、味や色がよく出ます。ほうじ茶は、番茶や煎茶などを強火で炒ったもので、非常に香ばしい香りがするのが特徴です。口の中がすっきりするので、食後などに喜ばれやすいお茶です。

茶葉を使わないお茶

お茶の葉以外からも日本茶は作られます。膿などの症状に効くといわれているなた豆茶や、はとむぎ茶や麦茶なども茶葉以外から作られるお茶で、それぞれ味に特徴があり、健康志向の高まりで人気があります。日本茶の中でも煎茶やほうじ茶などは不発酵茶と言われ、生葉を炒ったり蒸したりすることによって、発酵させないで作るお茶です。日本茶に含まれるカテキンは血中コレステロールの低下や、血糖値上昇などにも効果的であるといわれますし、リラックス効果はもちろん、体にやさしくとても健康的でもあります。ほうじ茶は、緑茶などに比べカフェインが少ないお茶です。寝る前にカフェインをとると興奮し眠れなくなることもありますが、その点ほうじ茶なら安心です。これらのようなお茶は通販サイトで購入すると良いでしょう。なぜなら、豊富な種類の中から好みのお茶を選ぶことができるからです。